ホワイトニング

話題のホワイトニングとは?

女性に人気の「ホワイトニング」とは、どんなものかご存知ですか?
学生だけでなく、社会人、主婦など。年齢性別問わず、歯を白くしたいという方も多く。
インターネットで話題の「ホワイトニング」。
はじめてホワイトニングを受けるという方へ、「ホワイトニング」と「セルフホワイトニング」についてご説明します。

 

ホワイトニングの種類


ホワイトニングの種類をご紹介します。

1、オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。
漂白成分の入った薬剤を歯に塗布した後に、ライトで漂泊反応を促進させる方法が一般的です。

「ホワイトニングは、痛い」というイメージがあるのは、高濃度の薬剤を使用しますので歯や歯茎に一時的に痛みを感じることがあるためです。
また、希望の白さのレベルが高い場合は数回歯科医院に通う必要があります。

 

オフィスホワイトニングの特徴

すぐに歯が白くなるという即効性はありますが、効果が持続しにくい。

 

オフィスホワイトニングにかかる費用

健康保険が適用されません。そのため、価格も高く2万円~7万円程度と歯科医院によってかなりバラつきがあります。早い人では1ヶ月ぐらいで元の色に戻ることあり、一般的には半年程度と言われています。白さの効果を長く維持したい場合は、定期的なメンテナンスが必要です。

 

2、ホームホワイトニング

マウスピースを作成し

 

セルフホワイトニング


セルフホワイトニングは、「オフィスホワイトニング」や「ホームホワイトニング」と比べて、安くて手軽にできるという特徴があります。

オフィスホワイトニングのように費用も高くなく、ホームホワイトニングよりも準備や手間がかからない。1回10分~15分程度で終わってしまうというのも、忙しい社会人にも人気の理由です。

 

ホワイトニングで歯を白くするためには、繰り返さなければなりません。
気軽にできてこそ、続けられる。
コンビニや喫茶店に行くような感覚ではじめられるのが、セルフホワイトニングの魅力ともいえます。

 

「セルフホワイトニング」専門店というと、歯科医院のようなどこか堅い雰囲気のお店が多いように感じます。

しかし、エンジェルホワイトでは、お客様がリラックスしていただくためのお店づくりをこころがけています。

セルフホワイトニングだけでなく、ぜひ、店内の雰囲気もお楽しみください。

歯を白くする、歯のステインを取る、虫歯を防ぐ、口臭を防ぐ、歯のヤニを取る、歯石の沈着を防ぐ

(商品ホワイトジェル・・・・商品名)を塗布すると表面が超浸水になり、口臭の原因や黄ばみ汚れ(タバコのヤニ、コーヒー渋、茶渋、紅茶渋)を落とします。
また、酸化タングステンは、汚れを浮かして自動洗浄する性質、除菌、臭い消し効果があります。
この酸化タングステンは、触媒となりLEDライトの光に反応してその効果をより発揮します。
歯の菌は、清掃剤である酸化タングステン、酸化チタン、ヒドロキシアパタイトで取り除きます。
細菌は、ヒドロキシアパタイトに吸着し、動けなくなります。
細菌は、光や空気中の酸素で瞬時に破裂し死滅します。
ヒドロキシアパタイトはミクロの傷を埋めて修復する作用があります。
歯垢やステイン(着色汚れ)の再付着を防止します。
フッ素を含まないのでインプラントの方も安心して使えます。
なので歯を白くする、歯のステインを取る、虫歯を防ぐ、口臭を防ぐ、歯のヤニを取る、歯石の沈着を防ぐという特徴を持ちます。ただし、いずれも続けて行っていただくことで持続していきます。